top of page

不動産売却の基礎知識を解説。売却をするときに考えるべきこと


多額のお金が動く、不動産売却。

不動産売却を通じて想定以上の利益を得られる方もいれば、思いがけない低価格でしか不動産を売却できず損をしてしまう方もいます。

不動産売却で失敗しないかどうかは、「不動産売却に関する知識をきちんと持っているか」にかかっています。


不動産を売却すると決める前に、売却と賃貸とどちらが自分の希望に沿っているかを考えましょう。

売却したい不動産が都市部や人気のエリアにある場合には、売ってしまうよりも継続的に家賃収入を得たほうが特をする場合があります。

賃貸に出すというとハードルが高く感じる方もいるかもしれませんが、転勤が決まった方の3分の1が住まいを賃貸に出していたというデータもあります。

いずれまたその不動産のあるエリアに住みたい気持ちがある場合などは、売却は早計かもしれません。

賃貸と売却のそれぞれで得られる金額やメリット・デメリットを比較した上で、どちらがよいか判断をしましょう。

なお、不動産会社によっては、賃貸のケースと売却のケースで個別にシミュレーションを作成してくれることもあります。

コメント

コメントが読み込まれませんでした。
技術的な問題があったようです。お手数ですが、再度接続するか、ページを再読み込みしてださい。
bottom of page